ホームページ制作大阪

獲物を仕留める野生動物のように、効率よく、確実にホームページ制作を成功させるには

インターネットというジャングルでは経路を示す羅針盤が必要です。

TARGET

お手伝いさせていただいたお客様ホームページの中には「すごく成果の出ているホームページ」と「あまり効果の出ていないホームページ」があります。これらの2つのホームページは、いったいどこが違うのでしょうか。
私たちがホームページ制作12年の経験の中で、「あまり効果の出ていないホームページ」には「ある共通の間違い」があるという事がわかりました。

これは間違いです!

インターネットで検索している人は、「自分が知りたい情報について掲載されているサイトをさがしているのです

押さえておこう
情報を検索している。
この時点では、あなたの商品やサービスを購入しようとは、まだ決めていない状態です。
とにかくタダで情報だけ探そうと…。そういう人にいきなり商品の説明をしたらどうなるでしょうか。
「あ、ここのサイトは宣伝のサイトだな、自分の探している情報は掲載されていないな」とすぐにブラウザの戻るボタンを押されてしまいますよね。
実際に「お会いした人」に会社案内をお渡しする代わりに、ホームページのURLをご案内して「また、お暇な時に見てください」という使い方をするなら、この方法<自分が発信したい情報を掲載する方法>で問題ありません。
でも、ほとんどの場合、「まだお会いしていない人に、訪問して欲しい」という思いでホームページを制作される場合が多いのではないでしょうか。

mission1

情報を発信したい側の視点ではなく、サイトを訪問してくださるお客様の視点で「どんな情報を探しているのか」を考えて、「その期待に応える」ように、コンテンツを制作する。
これが出来れば成果が出るホームページになります。

いきなりあなたの商品やサービスを売り込むのでは無く、専門家として無料でできる範囲のアドバイスを訪問者に情報提供するという形で記事を掲載していくのです。これはSEO対策にも有効です。

丁寧に解説してあげる事で自然な形で文字数が増えますのでキーワードが検索エンジンにインデックスされやすくなるのです。位置的に意味もなくキーワードを羅列した場合は逆にペナルティとして順位を下げられてしまいますので、あくまでも丁寧に解説するという姿勢で文章を作成する事が重要です。

ちょっと小話

できればブログツールなども組み込んで更新頻度も高いほうが有利です。
一時期、海老蔵さんのブログが人気になりましたが、なんと1日に7回も更新していたそうです。ご本人はブログのことをよくご存じなくて、そういうものだと思っていたと…(笑)

mission2

キーポイント

ニッチ…「隙間」の意味。つまり、「他の人が書かないようなユニークな情報を掲載する」インターネットの検索は、一つのキーワードで世の中全てのホームページから、そのキーワードの関連性の高い順に検索結果を表示します。

つまり、誰でも書くような記事は、類似サイトとして、検索結果には出てこないように工夫されている。「いくら書いても埋もれてしまう」という事です。

逆に自分しか書かないような情報(記事)だったら…検索数は少なくても確実に上位表示されます。いくら手間暇かけてホームページを制作しても、検索順位が低ければ誰からも訪問してもらえません。そうなると広告費用にホームページを制作した費用よりももっと大きな金額を投入しなければならなくなります。

もし、あなたのホームページの検索順位が低いとお感じなら、
まずは無料ホームページ診断をご活用ください。

お問い合わせフォーム

成果が出るホームページ制作手順は以下の流れになります。

1 目的を明確に

  • 会社紹介、会社パンフレットの代わりとして使いたい
  • サイト上で、商品販売をしたい
  • 問い合わせを増やしたい
  • 固定客からのFAQなどコミュニケーション目的

目的によってホームページのデザインも構成も予算も変わります。

2 ターゲット訪問者を明確に

  • 誰に訪問してほしいのか?
  • 自社の顧客層は?
  • 若い、女性、スマホを片手に持っている…
    スマホから閲覧される事を想定してサイトをデザインする
  • ターゲットが閲覧するシチュエーションをイメージ
  • 仕事中に調べるのか?お昼休みに閲覧するのか?

3 ホームページ制作会社の選定

  • 誠意が感じられる
  • 公開後の更新や運用のしやすさを考慮してくれる
  • 発注後の仕事の内容を理解してくれる
  • きちんと打ち合わせができる
  • 公開後のフォローがあるかどうか
  • デザインのセンスが合う
  • 発注側の要望を把握してくれる、話を理解してくれる
  • 説明が分かりやすい
  • スケジュールが明確になっているか

目的別制作会社の選定

会社紹介
デザインが得意な会社
問い合わせを増やしたい
実績のある会社、SEOが得意な会社
サイト上で、商品販売をしたい
システム開発力がある会社、ある程度の規模の会社
固定客とのコミュニケーション
システムに強い、顧客管理が得意な会社

4 同業種のホームページを参考にする

  • ただし、同じ内容を掲載しても、検索順位で上位になることは無いと思ってください

5 訴求したい商品やサービスを明確にする

  • できれば一つに絞る、商品毎に別のサイトにする、特化型サイトもあり

6 何をウリにするか

  • インターネット広告ではユニークな情報の方が有利
  • ユニークな情報であればあるほど、広告費をかけなくても上位表示されやすい

7 広告宣伝費

  • サイト製作費用以上に重要

広告にお金をかけたくない、サイトとして上位表示されるようにコンテンツで勝負したい、という方は以下のフォームからお問い合わせください。

お問い合わせフォーム

ページトップへ